【Vol.17団体紹介】アガリスクエンターテイメント

 

《団体概要》

屁理屈シチュエーションコメディ劇団。
一つの場所で巻き起こる事件や状況で笑わせる喜劇・シチュエーションコメディを得意としており、最近では大勢の人物がごちゃごちゃ理屈をこねたり議論をするコメディを作っている。

王道でウェルメイドなコメディを独自の理論で一捻り二捻りした作品が多いが、そんな中でも“劇場でウケること”を重視して創作している。

受賞歴に、2014年度サンモールスタジオ最優秀演出賞、黄金のコメディフェスティバル2015最優秀作品賞・最優秀脚本賞・観客賞・高校生審査員賞、2015年度サンモールスタジオ最優秀団体賞、CoRich舞台芸術アワード!2015第2位など

《今回の演目》

『詭弁三兄弟』(仮)

《出演》

淺越岳人/榎並夕起/鹿島ゆきこ/甲田守/津和野諒/前田友里子/矢吹ジャンプ(ファルスシアター)
(以上アガリスクエンターテイメント)

《劇団公式WEB》

http://www.agarisk.com

《劇団公式Twitter》

@Agarisk_info

《予約フォーム》

ご予約はこちら

【Vol.17団体紹介】日本のラジオ

《団体紹介》

読み方は「にほんのらじお」。代表である屋代秀樹が自作の戯曲を上演するため立ち上げ。
恋愛感情に起因するディスコミュニケーションや、孤独といったことに興味関心があります。
パラフィリア(性的倒錯)やセクシュアルマイノリティ(同性愛など)な人が登場します。
あるいは古典や実際の猟奇事件を下敷きにしたものもよくやっています。
ギャラリーでの公演を主として、照明や音響はほとんど使いません。台詞と役者の演技があれば大体大丈夫だと思っています。
キャッチコピーは「さわやかな惨劇」。残酷な話ばかりやっていますが「観た後さわやかな気持ちになる」と言われることもあります。
淡々とした世界を、こっそり覗き見る感覚で観ていただけたらと思います

というようなことはほぼ一切気にせず、日本のラジオ作品で「なぜか妙に笑いが起こる部分」だけを抽出したようなコントをやります。

《今回の演目》

『コクミンノキュウジツ』

《出演》

安東信助(日本のラジオ)
田中渚(日本のラジオ)
岡慎一郎

《団体公式WEB》

http://razio.jp

《団体Twitterアカウント》

@nihonnorazio

《予約フォーム》

ご予約はこちらから

【Vol.17団体紹介】小西耕一 ひとり芝居

《団体概要》

<小西耕一の作・演出作品を上演する企画>として2012年活動開始。
「人と人はどうしても分かり合えない」という考えを根底に、不器用で利己的な登場人物たちが「それでもどうにかして分かり合いたい」と足掻く様を描く。
口語をやや逸脱した台詞回しで軽薄に滑稽に執拗に恋愛模様を物語るスタイルを得意とする。

《今回の演目》

『プレイガールエチュード』

《出演》

小西耕一

《団体公式WEB》

http://konishikoichi.tumblr.com

《団体Twitterアカウント》

@konishikoichi

《予約フォーム》

ご予約はこちら

【Vol.17団体紹介】壱劇屋

《団体概要》

関西を拠点に活動する劇団。マイムやアクションを駆使して、関西弁で言うとこの「シュッとした」演劇をメインにやってるけど、観客参加型公演やったり謎解きコラボしたりコントやったりパレードやったり下ネタやったり演出家が二人いたり、大衆居酒屋のような劇団。
毎年東京公演をやっては膨大な空席を精製するも、毎年しぶとくやってくる。

《今回の演目》

島にまつわるコント
※島にまつわるコントを三つやろうと思ってます。

《出演》

大熊隆太郎、柏木明日香、河原岳史、ほか

《団体公式WEB》

http://ichigekiyaoffice.wixsite.com/ichigekiya

《団体Twitterアカウント》

@ichigekiya

《予約フォーム》

ご予約はこちら

新宿コントレックスVol.16&17参加団体発表!

大変長らくお待たせ致しました。
新宿コントレックスVol.16&17の参加団体が決定致しました。

新宿コントレックスVol.16には公募枠より新たにストリーキング計画の参戦が決まりました。
これにて、新宿コントレックスVol.16にはアガリスクエンターテイメントアナログスイッチ笑の内閣ストリーキング計画の以上4団体が出演致します。

また新宿コントレックスVol.17には新たに小西耕一 ひとり芝居の参戦が決定。
新宿コントレックスVol.17にはアガリスクエンターテイメント壱劇屋日本のラジオ小西耕一 ひとり芝居、以上4団体が出演致します。

新宿コントレックスVol.16のチケット発売は6月3日(土)AM10:00~
今しばらくお待ちください。

 新宿コントレックスVol.16  新宿コントレックスVol.17
 2017年6月30日(金)〜7月1日(土)
 6/30(金)19:30
 7/1(土)14:30/19:30
 日程  2017年7月28日(金)〜7月29日(土)
 7/28(金)19:30
 7/29(土)14:30/19:30
 アガリスクエンターテイメント
 アナログスイッチ
 笑の内閣
 ストリーキング計画
 出演  アガリスクエンターテイメント
 壱劇屋
 日本のラジオ
 小西耕一ひとり芝居
 2017年6月3日(土)AM10:00〜  発売  2017年6月30日(金)PM21:00〜

 

新宿コントレックスVol.17の開催も決定!Vol.17も参加団体募集します!

さて、現在Vol.16の参加団体募集中の新宿コントレックスですが、翌月の7月28日(金)〜29日(土)でVol.17の開催も決定しました。

出演は、主催するアガリスクエンターテイメントのほか、関西若手No.1劇団の呼び声も高い壱劇屋、そして独自の作風で評価を集め今年の三鷹市芸術文化センターのMITAKA“Next”Selectionにも選出された日本のラジオ、それにVol.16と同じく公募した団体の、計4団体でお送りします。

まとめると

 新宿コントレックスVol.16  新宿コントレックスVol.17
 2017年6月30日(金)〜7月1日(土)
 6/30(金)19:30
 7/1(土)14:30/19:30
 日程  2017年7月28日(金)〜7月29日(土)
 7/28(金)19:30
 7/29(土)14:30/19:30
 アガリスクエンターテイメント
 アナログスイッチ
 笑の内閣
 ほか(現在募集中!)
 出演  アガリスクエンターテイメント
 壱劇屋
 日本のラジオ
 ほか(現在募集中!)
 2017年6月3日(土)AM10:00〜  発売  2017年6月30日(金)PM21:00〜

という感じです。

Vol.16、17ともに全出演団体を6/1(木)に発表して、まずは6/3(土)AM10:00からVol.16のチケットを発売します。
Vol.17のチケットはVol.16の本番当日から発売しますのでお待ちくださいませ。


Vol.16とVol.17の参加団体を一緒に募集いたします。
以下の注意事項をお読み頂き、応募フォームからご応募ください。
応募〆切はどちらも5月25日(木)です。

新宿コントレックスVol.16&Vol.17募集要項

■上演形態
・舞台面はシアター・ミラクルの素舞台に左右の幕を設置(間口5m×奥行き3.6m)
※参加団体数や販売状況により舞台面を縮小する可能性があります。
・照明は基本的に地明かりのみ(効果は応相談)
・音響は各団体用意で持ち込み
・道具は1,2分で転換できる程度
※お笑いライブ程度の設備とお考えください。
《演目内容について諸注意》
・水、熱湯、火気、幕や劇場が汚れたりするものは禁止
・転換・片付けに時間や人手が必要な演出は避けてください。
※当日確認して危険と判断した場合、演出の変更をお願いする場合があります。
・客席への出ハケは必ず事前に相談のこと
・ゲネプロでできないことは禁止

■スケジュール
《準備期間》
・Vol.16は6/3(土)AM10:00~、Vol.17は6/30(金)PM21:00〜チケット発売します。
・1週間前に台本、使用する音楽データ、照明効果の希望を提出してください。
《当日》
・乗り打ち公演です。劇場入りしてその日のうちに本番を迎えます。事前に集まっての打ち合わせ、稽古等はありません。
・各団体の場当たり(30分程度)の後に、ゲネプロを行い、本番に臨む。
・主催団体・アガリスクエンターテイメント以外は出演順に劇場入りし、順に場当たりを行う。

■参加費・チケット
《参加費》
・チケットノルマはありません。
・3ステージ合計で30枚を超過した売り上げに関しては、全額をお支払いいたします。
・全体で予約上限枚数に達し次第、完売となります。
・完売時に有料枚数に達しない場合はご了承ください。早い者勝ちです。


参加をご希望の方は、以下のフォームにご記入のうえご応募ください。
募集〆切は5/25(木)23:59までです。
質問等がある場合はまでお問い合わせください。