新宿コントレックス公式Twitter

おかげさまでVOL.3を迎えまして、ついに新宿コントレックスの公式Twitterが動き出しました。
コントレックスについての様々な情報をつぶやいていきますので、Twitterユーザーの方々、ぜひフォローお願いします!
新宿コントレックス公式Twitterアカウント
@conterex

新宿コントレックスVol.2終了致しました

新宿コントレックス実行委員、アガリスクエンターテイメントの冨坂です。
新宿コントレックスVol.2はおかげさまで無事終了いたしました。
劇場までご来場頂いたお客様、USTREAMでご覧頂いたお客様、誠にありがとうございました。
また、各参加団体や参加スタッフの皆様にも厚く御礼申し上げます。
今回も劇場入り当日の公演でバタバタとしましたが、本番はスムーズに進行し、お客様からも暖かい反応を頂き、有り難い限りです。
さて、新宿コントレックスの次回予定ですが、来年2012年の1月下旬か2月上旬に同じく新宿シアター・ミラクルで行う予定です。
次回の開催が決まり次第、参加団体募集と公演情報を掲載いたします(アガリスク公式サイトにも)ので、チェックしてみていただければ幸いです。
ご来場及びご鑑賞、誠にありがとうございました。

新宿コントレックスvol.2

新宿コントレックス ロゴ.JPG
新宿コントレックスVol.2
■日時■
11/16(水) 1900開場(受付開始は1845) 1930開演
■概要■
毎回「演劇」と「人を笑わせる表現」を自認する劇団・ユニット・個人を公募し、コントライブを行うオムニバス企画。
「一夜限りだが定期的」「小規模だがハイペース」で各団体の最新の表現を披露するコントライブ。
当面は隔月または3ヶ月に一度のペースで開催予定。
■参加団体■
ヨコスカトイポップ
コーヒーカップオーケストラ
アガリスクエンターテイメント
ハーリ・クィン
(上演順)
チケットのご予約はこちら

団体紹介その4

こんばんわ!ついに新宿コントレックス当日となりました。塩原です。
いやー緊張してきましたねー(笑
さて団体紹介のラストを飾るのはコチラ!
「ハーリ・クィン」さんです!
今回は、私塩原から紹介させていただきます。
というのも、今回出場する団体で唯一メンバー全員知っている方だったんですよね。
メンバーの望月さん(劇団バルド)と今回客演する大久保さん(リリィ座★)はアガリスクに最近よく出演して頂いてる役者さん。
作・演の正岡さん(劇団凸凹)は以前某団体のワークショップで一度お会いした事があったんですよね。
この3人が生み出す作品はどんな物になるのか、自分としても楽しみな限りです!
■団体紹介
社会派芝居を好む望月雅行(劇団バルド)と、
ちょい阿呆な現役東大院生の正岡美麻(劇団凸凹)のユニット。
団体名はアガサ・クリスティの小説の主人公ハーリ・クィン氏(「道化役者」の意)から。
クィン氏のように人間ドラマにスポットをあて、切なく、けれど幸せな物語をつくりたいと思っています。
67ddaf2a.jpg

団体紹介その3

こんばんわ。塩原です。
真夜中の更新ですが、団体紹介の3団体目です!
今回はコチラ!
————————————
新宿コントレックス公式サイトをご覧になっている皆様、はじめまして!
今回参加させていただきます、ヨコスカトイポップです。
どうぞよろしくお願いします。
もう期待やら不安やら興奮やら冷や汗やらで大変ですけれども
目標はひとつ。
お客様に楽しんでいただければそれで良し!と思っています。
完全新作コントを3作品、用意しました。
なにが飛び出すかはお楽しみ、ということで!
では、劇場でお待ちしてます!
<ヨコスカトイポップ>
2011年、作・演出を務める江本和広が立ち上げたコメディユニット。
スーツアクター、殺陣師などを経由して、なんやかんやで当ユニット主宰に収まった江本は
「明るく楽しい」作品創りを目指したい、いや、創ります!と申しております。
2011110517440000.jpg
——————————————
顔合わせでお会いした時の江本さんの印象は、なんというかひょうきん(?!)な方で、一個人としてこの人のやるコントは見たいなぁ~って、そう思いました。
スーツアクターから殺陣師までこなす江本さんの「笑い」とはどんな形なのか?
そんなとこに注目しながら観させて頂きたいと思います(自分がw)!

USTREAM配信について。

こんばんわ塩原です。
いよいよ本番まで1週間と迫った新宿コントレックスですが、席数とステージ数の関係で、はたまたお時間の都合上残念ながら観に来れないという方も多いかと思われます。という事で、前回vol.1同様にUSTREAMでの配信が決定いたしました!
もしそのお時間にPCなら観れるよという方は、生で観るよりも若干のクオリティ低下は否めないとしても、是非ともUSTREAMでご鑑賞いただけたらうれしいなと思います。
USTREAM新宿コントレックス特設ページ
コチラの方からアクセスいただければと思います。また、当日の回線やシステムの都合によっては充分な環境で観ることができないという可能性もございますので、その点はご了承くださいませ。

団体紹介その2

こんばんわ塩原です。
さて団体紹介2団体目です。
—————————————
サイトをご覧の皆さん、こんにちは。
今までにご覧頂いた皆様、いつもありがとうございます。今回はじめてチェックされてる皆様、はじめまして。
主催しているアガリスクエンターテイメントです。普段は長尺のシチュエーションコメディの本公演をしつつ、定期的にこの新宿コントレックスを開催しております。
さて、我らアガリスクエンターテイメントは、お試しのVol.0、一気に出場団体の増えたVol.1と開催しつつ毎回出演してきて、今回は三回目になりますが、実はVol.2を終えて気になっていることがありました。
ぶっちゃけ、「主催者」としてしかジャッジされてないんじゃないか?
という部分です。
いや、開催についてお褒めの言葉を頂くこと自体、とてもありがたいし「もったいないお言葉…!」と思います。
しかし、やっぱりどこかで「イチ出演団体としての評価は置いといて…」みたいな部分はある気がしていて、正直それはいかんのじゃないかと。
そんなことない、と言ってくれる方がいたら有り難いし申し訳ないのですが、正直なところ、自分達自身も心の奥底でそう思っていた節が無いとも言い切れなくなくなくなくない…。
やはり、一つの出場団体として「他団体を喰う」という勝負の姿勢で挑まなければならないのじゃないか。
ということで、今回は運営の体制を変え、中身の方向性も変えました。
イベント全体の仕切りを、作・演出の冨坂から役者の塩原にタッチしました。
また、出品する作品も今までのような屁理屈・ゲーム系・ショートコント集ではなく、持ち時間をフルに使った20分のシチュエーションコメディをやります、二人で。
「本公演と違うことをしよう」とか「司会&トップバッターだから前座的なものにしよう」とか一切抜きで!得意技だけをやろうと思います。一応本公演と違って正メンバー二人仕様には合わせますが。
もちろん運営としてもしっかりやっていくのですが(塩原プロデューサーが)、今回は「主催者だから」とか抜きでイチ選手として観て評価を下して頂ければ!
ってなんか暑苦しくなっちゃったけど、そんなテンションで台本書いてます今!ご期待下さい!(脚本・演出:冨坂)
【アガリスクエンターテイメントとは】
屁理屈コメディ劇団。
シチュエーションコメディへの愛憎を原動力に、解体や再構築などの研究を行う。
しかし結局、誰もが笑えるコメディを作ろうとする傾向がある。
演劇公演以外に、コントライブの開催やFLASHアニメーションの制作などの活動も多数。
メンバーは脚本・演出の冨坂友、役者の淺越岳人、塩原俊之、FLASHアニメーション作家のピエールの四人。
新宿コントレックスでは淺越・塩原が二人で出演するコントシリーズ「AC~アガリスクコント~」を上演する。
団体.JPG
————————————————
とまぁ団体紹介を冨坂に書いてもらいました。
なるほど「イチ選手として」ですね。その通り、今回我々は出場団体としても評価を頂かねば!という感じですね!
気合入っておりますので、是非目撃しに来て下さい!
次回以降も出場団体紹介していきます~。

団体紹介その1

こんにちはアガリスク塩原です。今回は団体紹介をいってみようと思います。
では早速こちら!
———————————————————
新宿コントレックスvol.2のブログをご覧になっている皆様、はじめまして。
男3人組の劇団、コーヒーカップオーケストラと申します。
新宿コントレックスvol.2の成功のために、いい仕事したいと思っています!
2番目の出番ということで、2番目らしい、いい仕事をしたいと強く願っています!
コントを3本ほどやらせていただきます。
20分くらいという短いお時間ではございますが、 すこしでもいい仕事が出来るように、努力します。
ということで、「いい仕事」をテーマに頑張ります。
肩肘張らずに、ゆるりと楽しんで頂けましたら、嬉しいです。
<簡単な劇団紹介> 2004年くらいに、はえぎわの演出助手などをしていた宮本初を中心に、前田昂一、後藤慧と結成された男3人劇団。2007年に正式に劇団化。最近では下北沢シアター711あたりで継続的に公演を行う平均年齢26.5歳の劇団。独特のリズム、ビートから繰り出す、ナンセンスでちょっとぶっ飛んだ物語が特徴だと思っている。今年の12月には、ほぼメンバーのみの平日限定公演「久保らの歩く道~SANPO MICHI DE SHOW~」を行い、11月には演劇イベントに3本連続出演。来年の5月には王子小劇場で本公演。コツコツと作品作りを楽しむ、自由で職人気質の劇団です。
P1010415.JPG
——————————————————
という事でコーヒーカップオーケストラの皆さんでした!
男3人組という形が、ギュッとしてていいですねー。
11月中に3本連続出演の上、12月にも公演をやるという、超過密ハードスケジュールの中の出場ですが「いい仕事」期待しております!
次回以降も団体紹介していきますので新宿コントレックスVol.2要チェックでお願いします!

新宿コントレックスVol.2チケット発売しました

冨坂です。気づいたので投稿をば。
新宿コントレックスVol.2のチケットの発売開始いたしました。
ご予約はこちらから
【ご予約の仕方について】
(1)上記のチケット予約フォームから申し込み
(2)演劇クチコミサイトCoRich!舞台芸術内の予約フォームからの申し込み
(3)出演団体[アガリスクエンターテイメント/コーヒーカップオーケストラ/ハーリ・クィン/横須賀トイポップ]及び出演者へのメールでの問い合わせ
の三種類があります。
いずれも、ご予約完了のメールの返信を持って受付とさせていただきます。
おかげさまで新宿コントレックスはVol.0、Vol.1ともに、早期にチケットが完売する人気のイベントとなっております。
お早めのご予約をお願い致します。

チケット発売!

こんばんわ塩原です。
新宿コントレックスvol.2の顔合わせも無事に終了し、中身も着々と進行しております。
さて前回のブログで出場団体を発表したのですが、詳しい紹介などは明日以降に回し今回は別の告知です!
チケットがいよいよ発売になります!
日付も変わり、本日10月25日のお昼12時よりチケットが販売開始となります!
演劇サイトのこりっちというサイトにて販売を開始しますので、お求めの方はこちらのリンクに飛んで頂いてご購入ください!
わずか一夜限りの公演ですので、ご予約はお早めに!